学校紹介
 

学校長挨拶

学校長挨拶
校長 星野 安彦
眼差し

音小の子どもたちは、目がいつもキラキラと輝いているねとよく言われます。それは、何よりもご家族と先生方の暖かな眼差しによって見守られていることに加えて、沢山の楽しい行事と、自由な空気を受け止めているからだと考えています。
 音小の持つ素晴らしい雰囲気は、個々の個性を尊重することから成り立っており、それが支えられているのは、お互いを思いやる優しい気持ちが醸成されているからだと思います。
 音小の子どもたちが、今以上に成長できるように多くの眼差しで見守りたいと思っています。

理念

教育理念

特色

元気で楽しく過ごすことができる小学校
#

私たちは「学校が楽しい」というごく自然な声を、子ども達から聞きたいと願っています。そのために、子ども達の生命を何よりも大切にし健康と安全に努めます。
 集団の中で、子ども一人ひとりが自分の良さを発見し、豊かな表現力が発揮できるよう支援し、子どもの心の成長を発達段階に応じて促します。そして、思いやりの気持ちを大切にし、子ども達の好ましい人間関係を育てることは、子ども達が学校に楽しさを感じる大切な要素です。これを実現します。
 さらに、子どもの学びの姿勢を大切にし、発展的に課題を追求できるよう授業を展開します。そのために校舎内外の環境を整え、落ち着いた雰囲気の中で、安全に学校生活を送ることができるように配慮いたします。

教師が豊かな発想で日々の授業や行事を作り出す学校
#

子どもが学ぶ意欲を持って授業に取り組み、基礎・基本を確実に身につけることができるよう質の高い授業(平成19年度より全学年少人数学級編制)を展開します。
 教師同士の磨き合いを大切にして、特色ある学年・学級経営を展開します。
 また、広く研修に努め、日々の教育実践を大切にして、子どもに根ざした研究のあり方を考えながら、人間性あふれる教師、専門性の高い教師集団になるよう努力を重ねます。

全学年少人数学級編制による教育
#

本校での少人数教育は、昭和38年の低学年における少人数学級編制に由来します。
 平成19年度からは、新校舎完成に伴い、全学年において全クラス30名以下の少人数学級編制を実現しました。子どもたちの学習や生活面における、よりきめ細かな指導と教育効果の向上に努めます。