お知らせ

4年社会科見学 クリーンセンター多摩川~国立市環境センター

2019.10.18

10月11日(金)、4年生は「ごみはどこへ」の学習で清掃工場見学を行いました。

最初に行ったのは稲城市にあるクリーンセンター多摩川。国立市の可燃ごみはこの施設に運び込まれます。

ごみピットにある大量のごみに驚く子ども達。それをクレーンが持ち上げて焼却炉へ運びます。

「せっかくごみを持ち上げたのに落としているのはなぜですか?」様子を見ていた子ども達から素朴な疑問が出ました。

「それは、水分の多い生ごみと燃えやすいごみを混ぜているんです。そうすると効率よく燃えるから。」と施設の方が教えてくれました。一つ一つの作業に意味があり、様々な工夫をしていることを知りました。

2箇所目は国立市環境センター。国立市の不燃ごみはこの施設に運び込まれます。この施設では、ダイレクトに音や匂いを体感することができました。この日はペットボトル回収日だったので、大量のペットボトルが搬入されていました。

袋を一つずつ破り、中身をベルトコンベアーに乗せていきます。その流れの中で、ボトルキャップを外したり、ラベルをはがしたり、汚れているものをはじいたりと全て手作業で行っていました。ごみの出し方は、一人ひとりの心がけが本当に大切だと改めて感じました。

この見学を通して、分別のルールを守ること、自分にできる小さな一歩を大事にすることを、子ども達が感じてくれていたらうれしいです。