お知らせ

3年「タブレット端末を活用した学習」

音小では、昨年度の3学期よりタブレット端末(iPad)を導入した効果的な学習できるようにするため、現6年生にタブレット端末(iPad)を先行導入しました。そして、子どもたちにとって最適な学習ソフトや有効活用できる学習内容や場面、ルールづくり等を検討し、今年度も続けています。

さらに今年度は、授業や家庭学習等でより効果的に活用できるようにするために校内で研究を進めています。

その一環として、13日より3年生から順番に1ヶ月程度の試行期間を設け、活用していきます。

まず、使いはじめの13日(月)には担任の先生から「冗談でも悪口を書いて送ってはいけないこと」という指導や「情報の中にはうそのものもあるから全部信じてはいけない」ということなどの注意がありました。

そして2日目の今日は、「授業中、学習に関係ないことは調べないようすること」を前提にタブレット端末を使って、「生き物を調べる」という活動を行いました。

調べていくにつれて、子どもたちは「鳴き声はどんな感じなんだろう?」とすぐに生き物鳴き声を調べたり「他にも似た生き物いるのかな」と調べていったりと、探究活動がどんどん広がっていき、早速タブレット端末を活用するよさを実感していました。

 

また、使い慣れている子が、なかなか調べたいことに辿り着かない子に教えてあげたりする場面も見られました。

 

今後、子どもたちがより上手に検索できるようになるために「検索ワード」をどのようにしていくかなども各教科等を通して支援していきます。