お知らせ

5年「英語」

今日の5年生の英語は、“He/She is__.”、“He/She has__.”がセットになった文章や、「職業」の単語を扱う単元でした。

授業の最初では、マザーグースをベースにした絵本Oh, A-Hunting We Will Goを読みました。この歌の音やリズムは、2年生の時に歌遊びを通して体感しているので馴染みのあるものですが、絵本はページごとに歌詞が変わります。子どもたちは、次はどんな替え歌になるのか、例えば “snake” を入れる場所は “cake” などのように脚韻から単語を推測して、そのユーモアを楽しんでいました。このような活動は、音韻に対する感性が自然に養われるとともに、5年生らしく音を文字でも確認することができます。

次に、教科書の絵を使いながら「職業」とその職業を特徴づける「持ち物」についてのやりとりをしました。 “She is a teacher. What does she have?” と尋ねると、子どもたちが “She has a book.”とその人の持ち物を答えます。 “He has a hammer. Who is he?” と質問文を変えて尋ねても、子どもたちはすぐに対応して “He is a carpenter.” と職業を答えます。この単元の第2時目でしたが、次々と手が上がりテンポよく進みました。また、昔話の主人公の持ち物を自由に考える活動を楽しんだあと、授業者とは別の教師にその持ち物を尋ね、記憶し、“She”で始まる文章に直してから、それを板書したものを読みました。最後に教科書のワークブック使って、授業のまとめを行いました。

今後は、友達の持ち物を“I have___.” と文章に書き、それを教師が“He/She__.”と読み、みんなで誰について書いたものかを当てる活動に発展していきます。

英語の授業では、「職業」の学習は、3年生での語彙活動、5年生では異なる場面・文脈の中で、読み書きも加えてというようにスパイラルで学習しています。同じ語彙でも、一つの単元だけで扱うのではなく、多様な活用の場面を体験できることを大切にしています。