お知らせ

6年「書写」

今回の書写の学習は、「用紙に対する文字の大きさと配列に注意して書くこと」がめあてでした。そのめあてを達成するために書く文字は「実りの秋」です。

子どもたちは、今まで学習してきたひらがなは漢字より小さくすることや、へんとつくりのバランス、そして、字の中心をそろえることを意識し、何度も練習を重ねていました。

自分で書いた文字を見ながら、「次、書き始めはもう少し左からだな」や「『の』がむずかしいなぁ」とめあてを意識しながら、書いてはふりかえるということを進んで行っていました。

友達同士の学び合いで、ある子が、「この『り』はりんごの『り』みたい。りすの『り』ではないよね。わかる?」「うん。わかる!私もそう思う!」と独特の表現を使いながら友達の書いた字のよいところを褒めていました。

小学校生活での書写の時間は残りわずかです。今まで学習してきたことを、生活の中でも生かしてほしいです。