お知らせ

3年「音楽」

3年生は、2学期に入って「十五夜さんのもちつき」の手遊び歌に取り組んだり、ドレミパイプ(正式名称はBoomwhackers:ブームワッカーズ)を使って「ドレミの歌」を演奏したりしました。

ドレミパイプは手にパイプを持ち、片方の手のひらにポンと打って鳴らすので簡単に音は出ますが、「ドレミの歌」の演奏では、自分が担当する音の時だけ鳴らすので、タイミングが難しいです。

最初、そのタイミングをつかむのに苦労していた子どもたちも、練習していくと流れの中でタイミングよく鳴らせるようになりました。どのようにしたらよいか子どもたちに聞いてみると、「心の中でメロディーを歌うといいと思います」「拍をしっかり数えるといいです」「前の人の音を聴いてから自分が音を出すようにしています」など、それぞれ工夫していることを教えてくれました。みんなでアドバイスを共有した後は、一人ひとりがそのことを自分の演奏に生かしていて、演奏がさらに素敵になりました。最後に、担任の先生にサプライズミニ発表会を行ったのですが、最後のポーズもしっかり決まりました♪

また最近では、リズム積木(国立音楽大学製作の教材)を使い、音符の種類やリズムの学習をしました。

子どもたちは聴き取ったリズムを並べていくのですが、音の長さを視覚的に捉えて理解につなげていくことができます。今後も、子どもたちの深い学びになるよう、「聴く」「書く」「見る」「さわる」など様々に体験することを取り入れていきます。