お知らせ

3年「国語」

今、3年生の国語は、考えたことやその根拠をあげながら、絵から読み取った内容を相手に伝わるように話すという学習を行っています。

今回の学習では、絵から想像したことを表にまとめ、それを基に解説する内容を書き、発表を行いました。

今週から導入された電子黒板を活用しながら、各自で学習を進めていく前に、解説をまとめる時「はじめ、中、おわり」に注意することや、発表の時は声の大きさや、身ぶりや手ぶりがあった方がよいことを子どもたちと確認しました。

子どもたちは、絵を見ながら、どのように解説していくのか、集中してよく考えていました。

発表にも電子黒板を活用し、事前に確認した声の大きさに気を付けたり見てほしいところを指したり聞き手に分かりやすいように工夫して伝えていました。

発表の前後には、友達からあたたかい拍手が送られ、教室中がとても気持ちのよい空間となりました。

また、子どもたちが自ら担任に「友達と書き終えたものを交換して読み合ってもよいですか」と尋ねるといった主体的に学習に取り組む姿も見られました。

学校の教室の中で互いに学び合えるからこそ味わえる気持ちを改めて実感できた1時間でした。