お知らせ

5年「器楽」

音楽会後の器楽の授業で、5年生はトーンチャイムの活動に取り組みました。

今回は曲の演奏ではなく、基本的な奏法を確認した後、その響きを味わい楽しむとともに、即興的な演奏をしました。

導入では、一人ずつ音の紹介リレーをしたのですが、鳴らし方に気を付けながら大事に音を出し、最後に息を合わせようとする姿からは、音楽会で「合わせる」経験を通して身に着いた力を感じました。

最後の余韻まで味わい、楽しんだ子どもたちからは「プラネタリウムみたい!」と声があがりました。

その次の授業では、グループでテーマを決めて、そのテーマに合った音(ハーモニー)を選び、8カウントに合わせて演奏をしました。また、始め方や終わり方もグループでそれぞれ考え工夫して表現しました。

子どもたちはお互いに意見を出し合い、積極的にコミュニケーションをとって、何度も試しながら創り上げていました。学び合うことは、新たな発見に繋がったり、学びとったものが自分の表現として身に付いていったりします。

今後も、子ども同士が学び合える場を設定し、充実した活動を展開していきます。