お知らせ

3年「音楽」

3年生は3学期に、グループで楽器を使った活動に取り組みました。

「雪のおどり」の曲に合わせて、鉄琴、木琴、すず、トライアングルをそれぞれのリズムで演奏します。今回は、曲の感じをとらえて演奏することや、「はじまり」と「おわり」を各グループで工夫して演奏することを目標にしました。

子どもたちは、自分が担当するパートのリズムを確認した後に、お友達と合わせをして、拍がそろうように練習をしていました。また、曲のイメージを話し合ったり、入れたいメロディについて相談をしたりするなど、積極的に取り組んでいました。

より良い表現を目指す過程では、お友達と意見交換をして実際に試してみる・工夫するだけでなく、どこかで折り合いをつける必要性が出てくる時もあります。音楽の授業の中では、そのように子ども同士がたくさん関わりながら活動することも大切にしながら授業を行っています。そして高学年で始まる「器楽」の授業に向けて、合わせる楽しさ・創造する楽しさを経験していってもらいたいと思っています。

最後の発表会では、どのグループも余韻も大事にしながら、工夫ある演奏を披露してくれました♪