お知らせ

1年「音楽」

1年生の音楽の授業の様子を、3つの点からお伝えしたいと思います♪

①「聴く」活動

音小の音楽系のどの授業でも、「聴く」ことの大切さを伝えています。

1年生の最初からそのことを伝え、「聴く」活動を取り入れています。

エナジーチャイムの音で3つの高さを聴き比べる時は、どの子も耳をすませて、教室がしんと静まります。

②「拍を感じる」活動

また、拍を感じる活動を多く取り入れています。

4拍に合わせて、自分の好きな食べ物を言ったり、好きな色を言ったりします。最近は、子どもたちにその日のテーマを決めてもらい、みんな楽しくリズムにのせて表現しています。

1学期の最初はなかなか4拍に入れることが難しかった子も、今では拍を感じながら、4拍に入れて言うことができるようになりました。

「3時のおやつゲーム」では、楽しくゲームをしながら拍を感じ取ることができます。自然と「1、2、3、4・・・」と身体が覚えていくことで、その他の活動でも拍感をもって表現できるようになります。

③表現する場

1年生の時から、一人でも表現する場を様々な場面で取り入れています。

最初は、ジャンベを1音鳴らすことから始まり、その後に1フレーズを歌ったり、リズムやポーズを考えたり・・・など、スモールステップで進めていきます。発表する場があると、子どもたちは元気に手を挙げて、とても意欲的です。このような活動が、これから始まる様々な音楽表現や、表現する意欲に繋がっていきます。

今後も1年生の音楽の授業の様子を、ホームページからもお伝えしていきたいと思います♪