お知らせ

6年「英語」

6年生の英語では、比較級の表現について学びました。

どの表現を学ぶ際も、授業では文法説明などではなく、「その表現が使われる場を通して学ぶ」ことを大切にしています。使われる場を通して学ぶことで、英語の音と意味が分かりやすく一致させることができるからです。

例えば比較級の場合は、実際に様々な比較を行いました。教師が先生たちの背を比べながら

“I am shorter than Ms 〇〇.”

 

 

比較表現が多く出てくる絵本を読みきかせながら、“My hand is smaller than the gorilla’s hand.”

 

 

教室で誰が一番短い鉛筆を持っているかな、と調べるなかで“Your pencil is shorter than my pencil.”、身の回りの物を実際にはかりで重さを調べながら‟〇〇’ pencil case is heavier than 〇〇’s pencil case.”

といったように様々な比較表現を学びました。

最後は自由に比べたい物を選んで比較して作文をしました。バナナと月の形が似ているから、と選んで‟The moon is bigger than the banana.”など、選び方からも一人一人のこだわりも感じられました。

 

英語の授業では、英語で聞いても見ていたら自然と意味が分かる、ついつい聞きたくなる、英語のやりとりに参加したくなるような工夫を意識しながら授業を今後も行きたいと思っています。