お知らせ

5年「器楽の発表」

5年生は、1学期最後の授業で、打楽器のグループアンサンブルの発表をしました。

一つの題材として楽譜はあるのですが、グループでテーマを決めて、そのテーマに合うように様々な工夫をしました。

「噴火」がキーワードとして入っているグループは、かけ声や最後にシンバルを入れて、よりテーマが伝わるよう考えていました。

「お祭り」がテーマのグループは、にぎやかになるよう太鼓系の打楽器を多く使い、最初に連打を入れたり、楽器の周りをまわったり、また最後にポーズを決めるなど、様々な工夫をしていました。

ふり返りのプリントには、それぞれのグループが工夫した点や、発表で良かったことなどが書かれていました。表現したいことを、どうやったら伝えられるか考えることはとても難しいことですが、今回子どもたちは友達との関わりの中で活発に意見を交換していたので、その過程や練習の成果が発揮されて良かったです。

今後も子どもたちの創造性を生かし、そしてさらに伸ばしていけるよう、指導・支援していきます!