お知らせ

6年生「夏の学校」7/7(木)~8(金)

三年ぶりに都外に宿泊のために出かけました。行先は菅平高原です。

一日目の主な活動は、ダボスの丘と牧場散策です。ダボスの丘では、ミニぞりで斜面を滑ったり、鬼ごっこやだるまさんが転んだをしたり、丘の上の方まで登ったりしました。直前まで雨が降り芝生が濡れていたのでそりは思ったより滑りませんでしたが、友達同士で引っ張り合いをして遊びました。

その後、クラスごとに店内でソフトクリームを食べました。フレッシュなバニラ味のアイスクリームは濃厚で甘くてとてもおいしかったです。

旅館では、部屋ごとにトランプやウノなどをして楽しそうでした。

食事後は、星の観察に出かけました。旅館からグラウンドまで歩いていくうちに薄暮から夜空に景色が変わり、東京の明るい夜の景色ではなく菅平高原の夜は真っ暗。時折月が見え始め、グラウンドではレジャーシートを敷いて座ったり寝転んだり思い思いの格好で北斗七星や夏の大三角形を探しました。細かい無数の星は都会ではなかなか見られない夜空でした。

翌日は、農業体験。ビニールハウスで、レタスの小さな種の蒔きや畑への移植の仕方を丁寧に説明して頂きました。広い畑では、レタスの収穫をしました。レタスの軸から白いミルク状のアクが切りたてなのでたっぷり出て、桶で洗い流す体験もしました。、一面に広がった畑を目の当たりにして五年生で学んだ高原野菜の農業の現地学習がしっかりできました。

その後は、菅平の体育館で遊びました。この施設はオリンピックに出場したスピードスケートの選手団の合宿でも使用される本格的な体育館でした。子ども達はバスケットやドッジボール・フリスビー・大縄などたっぷり体を動かすことができました。

帰りは、おいしいお食事、きれいなお部屋やお風呂場等、一泊二日ではもったいないと思うくらいの環境を支えてくださった旅館の方々への感謝のご挨拶とみんなでお礼の「コスモス」の曲の合唱でしめくくりました。