お知らせ

1年「生活科」

1年生が生活科で種を蒔き、お世話しているアサガオが、だいぶ育ってきました。日課の水やりから帰ってくると、子どもたちは、「今日は何本新しい芽が出た」、「昨日よりも背が伸びた」などいろいろ教えてくれます。生長の様子がはっきり分かるので、とても嬉しそうです。

先日、ふたばの観察をしました。その時に子どもたちが発見したことは、「さわると、ざらざらしました。めは、3つでました」「あさがおのにおいは、かまきりのようなにおいがしました。はっぱに、てんとうむしがいました」「さわったらしたがつめたかったです」「ふたばにしわがありました。くきがむらさきにみえました。ピンクもありました」「よくみると、うらに、くろいてんてんがありました。はっぱに、あながありました」「すごくそだって、うれしい。これからもげんきにそだってほしい」「あんなにちいちゃかったたねがでかくなってる」「とてもはっぱがうすかったです。ちょっとむしがたべていました」などです。五感をいっぱい使って観察していた様子がとても伝わる内容でした。