お知らせ

5年「器楽」

音小の器楽の授業(5・6年生)では、子どもたちが「合わせる楽しさ」をたくさん経験することを大切にしています。様々なメロディ楽器やリズム楽器を用 いてグループでアンサンブルをしたり、 創作的な活動を取り入れたりするな ど、幅広い授業を展開しています。

先日、5年生は様々な打楽器を使ったアンサンブルの発表会でした。
3つのパートからなるアンサンブルの楽譜を演奏するのですが、グループごとに楽器の組み合わせを工夫したり、前後にリズムを創作して加えたり、パフォーマンスを入れたりしました。

発表する時だけでなく、そこに至るまでの過程はとても大事ですが、どのグループも、より良い表現を目指して何度も話し合い、練習を積み重ねてきました。当日は、息の合った素敵な演奏を披露してくれました。また、聴いている子どもたちも、他のグループの表現に刺激を受けているようでした。