お知らせ

6年「社会」

6年生の社会は「歴史」の学習に入り、縄文時代や弥生時代の人々はどのような暮らしをしていたのか、資料を調べたり考えたりしています。

今日は、縄文土器と弥生土器のレプリカを使い、2つの土器の違いを比べながらスケッチをしました。子どもたちはよく観察し、土器の文様や色の違いなどに気付くことができました。そして、文様の中にへびのような姿があることを見付けたり、定規を使って長さを測ってみたり、厚さの違いや重さなど実際に手にとって調べ、子どもたちはまるで考古学者のようでした。