お知らせ

6年「楽器学資料館見学」

6年生は器楽の授業の一環で、国立音楽大学の楽器学資料館見学に行ってきました。音大の学芸員の方の解説のもと、様々な楽器について学ぶことができました。古い鍵盤楽器の音を聴いた子どもたちは、今のピアノとの違いに驚いていました。

電気を使った楽器「テルミン」の学習では、実際に体験することができました。左のアンテナで音の大きさを変え、右のアンテナで音の高さを変えなくてはならないため難しいのですが、子どもたちは楽しみながら演奏していました。

その他、アンドロイドの見学をすることもできました。キーボードで音を出すとアンドロイドが反応するので、その音や動きに、子どもたちは興味津々でした。

今回の見学は、新型コロナウイルス感染症対策を行ったうえでの実施だったため、例年より縮小したかたちでしたが、とても貴重な経験となりました。