お知らせ

5年「器楽」

1学期後半、5年生は器楽の授業で「アコーディオン」の学習に取り組みました。
ソプラノ・アルト・テナー・バスの4パートに分かれて、最初に「ド・レ・ミ・ファ・ソ」の音を練習しました。

また、その5つの音を使ってメロディを創り、メロディリレーも行いました。一人ずつ繋げていくと一曲になり、とても素敵です。

「風のとおり道」の曲にも挑戦しましたが、5年生の子どもたちは個人練習を頑張ったり、パートで協力して何度も合わせたり、熱心な取り組みでした。


最後、音をそろえて終わるところでは、しっかりと教員の合図を見ています。最後の授業では、発表会を行い、1学期のまとめとしました。